DVD発売決定!!

BS朝日ドラマインソムニア青空の卵 DVD-BOX

2012年12月4日発売 PCBG.61562 
DVD本編3枚組+「青空の卵プレミアムディスク」1枚 
¥11,970(税込)

発売元:「青空の卵」製作委員会
販売元:ポニーキャニオン

<DVD収録内容>
「ドラマメイキング」「ボーイズトークSP(ディレクターズカット)他90分超のDVD特典映像収録!!
24Pオリジナルブックレット封入!!
【Disc 1】Episode 1 月夜の三重奏 特典映像:制作発表
【Disc 2】Episode 2 人魚の足音 特典映像:スペシャルインタビュー(阿久津愼太郎 井上 正大)
【Disc 3】Episode 3 羽をもつ子供 特典映像:予告集(第1話~第8話)
【Disc 4】「青空の卵」プレミアムディスク
メイキング/放送直前スペシャル「青空の卵」特別版『楽屋ウラ!ボーイズトークスペシャル!!』(ディレクターズカット版)//PRスポット(1)(放送前)/PRスポット(2)(放送後)
(*予告集は第1話放送分~第8話放送分を収録しています)

「青空の卵」(1)~(3) レンタル同時リリース

レンタル専用特典:ドラマオリジナル待ち受けプレゼント!!
レンタル版のレーベルに印刷されているQRコードからアクセスしてドラマオリジナル待ち受けを手に入れよう!!
レンタル1~3でそれぞれ別の写真がもらえます!!

大人の視点で推理し、子供の純真さで真実を語る、自称「ひきこもり」のコンピュータープログラマー・鳥井真一。家庭の事情もあり、高校卒業後も一人家にひきこもっているが、天才的な観察眼をもつ。そして、鳥井を「理想の友人」とし、どうにか彼を家の外に連れ出そうとしている同級生で生命保険会社勤務の坂木司。そんな2人の周囲で巻き起こる様々な事件。謎を解き、人と出会うことによって成長してゆく2人の姿を描いた、癒し系ミステリー。

「ひきこもり探偵」鳥井真一に、2009年D-BOYSオーディショングランプリ、2012年4月より舞台『淋しいマグネット』で瀬戸康史とダブルキャストにてリューベン役を熱演し話題を呼び、7月には主演舞台『クリンドルクラックス!』の公演も控え、本作が連続ドラマ初主演となる阿久津愼太郎(D2)。そしてもうひとりの主人公であり、物語の語り部となる同級生・坂木司に、『仮面ライダーディケイド』でテレビドラマ初主演、劇場版でも映画初主演を飾った井上正大。度々鳥井の部屋を訪れる、同じく同級生で警官の滝本孝二役には、劇団EXILEのメンバーとして舞台やドラマで大活躍中の春川恭亮。その後輩・小宮役には『侍戦隊シンケンジャー』のシンケングリーンとしても人気を博した鈴木勝吾。また、日常に散りばめられた謎を提供する各エピソードのゲストとして、デパート勤務のOLで勝気な性格ながらもどこか影を漂わせる巣田香織に、人気、実力ともに女優として確固たる地位を築いている黒川芽以。ある事件をきっかけに盲目となった美青年・塚田基に、『戦国★男士』で伊達成実役を好演し人気急上昇中の平野 良。塚田のいわく付きの友人・安藤純には、ミュージカル『テニスの王子様』でデビューし、舞台『タンブリングvol.3』、映画『携帯彼女+』の主演にも抜擢され今後更なる活躍が期待される志尊淳(D2)。その他、個性溢れる魅力的なキャストが物語を彩ります。

脚本は、アニメ『イタズラなKiss』を担当し『あにゃまる探偵キルミンずぅ』ではシリーズ構成も手掛けた松田恵理子と、『魔法遣いに大切なこと』シリーズの山田典枝。監督には、1月クールの『Fallen Angel』でも、その高い演出力と映 像美で才能を発揮した中島良。
そして本番組中ではインターミッション(中間)に、テレビ朝日が主催等で関係する演劇中心のライブ・エンターテインメント情報コーナー「大入エンタTV」を放送いたします。若手俳優の登竜門である演劇やミュージカルを中心にライブ・エンターテインメントの楽しさや公演情報、豪華インタビューをお届けしていきます。

【原 作】
坂木 司 『青空の卵』 (創元推理文庫刊)
【キャスト】
阿久津愼太郎 井上正大 / 春川恭亮 鈴木勝吾 / 黒川芽以 /
平野 良 志尊 淳 /佐々木喜英 星野麻都 / 清水章吾
【スタッフ】
脚 本 : 松田恵里子 山田典枝 栗原智子 / 監 督 : 中島 良
企 画 : ポニーキャニオン・Thanks Lab.
企画協力 : テレビ朝日・フラミンゴ / 制作協力 : ドリームプラス
制 作 : BS朝日・「青空の卵」製作委員会

THE AUTHOR’S PROFILE

坂木 司(さかき・つかさ)
1969年、東京生まれ。覆面作家。2002年に、ひきこもり探偵・鳥井真一とその友人・坂木 司を主人公にした連作短編集『青空の卵』でデビュー。温かな目線で語られるミステリーが評判となる。著作は他に『仔羊の巣』『動物園の鳥』『切れない糸』『シンデレラ・ティース』『ワーキング・ホリデー』『ホテル・ジューシー』『先生と僕』『夜の光』『短劇』『和菓子のアン』『ウインター・ホリデー』がある。『ワーキング・ホリデー』はEXILEのAKIRA主演で映画化(公開は2013年)。

↑PAGE TOP

第1話 エピソード1『月夜の三重奏』パートI

自称「ひきこもり」のコンピュータープログラマー・鳥井真一(阿久津愼太郎)と、その親友であり唯一の理解者・坂木司(井上正大)は、中学からの同級生。
ある日、坂木は、料理の得意な鳥井を、食材の買い出しを口実に部屋から連れ出すことに成功する。スーパーに向かった二人は、そこで店員に激しく詰め寄る厚化粧の女・巣田香織(黒川芽以)に出会う。同じ頃、一人暮らしの男性が謎の女に襲撃される事件が頻発し、「月夜の魔女」として話題になっていた。友人でもある警官の滝本孝二(春川恭亮)と後輩の小宮(鈴木勝吾)からその話を聞き、ゾッとする坂木だったが…。

第2話 エピソード1『月夜の三重奏』パートII

夜道で何者かに後をつけられる坂木(井上正大)。「月夜の魔女」か?と怯えるが、現れたのは必死な形相の巣田(黒川芽以)であった。彼女は坂木に抱きつき、「変な奴に追いかけられたの!」と訴える。もしかしたら「月夜の魔女」かもしれないと 思った坂木であったが、男性ばかりを狙うはずのストーカーがなぜ巣田を?恐怖と謎に襲われる坂木は、翌日鳥井(阿久津愼太郎)の元へ報告に行くが・・・。

第3話 エピソード1『月夜の三重奏』パートIII

夕方、さっそく鳥井(阿久津愼太郎)の家を訪ねてくる巣田(黒川芽以)。「私の仕事のこと、どうしてわかったの?」と、巣田 は鳥井の推理を聞きに来たと言う。これまでの巣田の態度や行動 から、彼女の素性を次々に暴いていく鳥井。そして「月夜の魔 女」によるストーカー事件の真相も、次第に浮き彫りになっていくが・・・。

第4話 エピソード2『人魚の足音』パートI

坂木(井上正大)は、駅で盲目の青年・塚田基(平野良)を手助けをする。そして坂木は、塚田の後をつける女性がいることにも気付く。坂木は、その女性の行動を、自分と同じような「善意の第三者だよ」と鳥井(阿久津愼太郎)に報告するが、いつものように疑いを示す鳥井。そんなある日、坂木は塚田と駅で再会する事になり、塚田から奇妙な相談を持ち掛けられる。

第5話 エピソード2『人魚の足音』パートII

塚田(平野良)をつけまわす「双子の追跡者」がいることを聞き興味を持つ坂木(井上正大)。その謎を解明してあげようと強引に鳥井(阿久津愼太郎)を担ぎ出す。
坂木は、家を訪ねてきた滝本(春川恭亮)と小宮(鈴木勝吾)に塚田のことを話してみるが、実は塚田が坂木にある嘘をついていることが分かってしまう。

第6話 エピソード2『人魚の足音』パートIII

鳥井(阿久津愼太郎)はカレーをご馳走するという口実で塚田(平野良)を自宅へ招いていた。そこへ、塚田をつけまわしていた女性も訪れる。 動揺する塚田は、その女性に「俺の周りをうろつくな!」と憤慨するが、そんな塚田に鳥井が思いもかけない言葉をぶつける。訳が分からずうろたえる坂木。 ついに鳥井が、謎の真相を語りだすのだが…。

第7話 エピソード3『羽をもつ子供』パートI

坂木(井上正大)は公園で迷子の少年・まりお(星野麻都)と出会う。住所が書かれたメモを渡された坂木は、彼をその場所に案内する。向かった先は安普請のアパートで、訪ねた先は長い間留守のようだった。 心配になった坂木は、ひとまずまりおを連れて鳥井(阿久津愼太郎)を訪ねる。何も喋ろうとしないまりおであったが、先ほど訪ねた部屋は彼の父親の家であることが判明する。しかし、まりがが描いた絵から、 彼の父親が何らかの事件に巻き込まれた可能性が浮上する…。

第8話 エピソード3『羽をもつ子供』パートII

突然、坂木の前に現れた鳥井(阿久津愼太郎)の父・誠一(清水章吾)。誠一と鳥井 の間には、ある事件がきっかけで深い溝が生まれていた。二人の急な対面を心配し、なるべく時間を稼ごうとする坂木。一方、鳥井は、まりおが描く絵と口にする言葉のちぐはぐさに、一つの推測を思い浮かべていた。そして翌日、誠一からの電話を受けた鳥井はパニックに陥り、ついには部屋へと引きこもってしまう…。

最終話 エピソード3『羽をもつ子供』パートIII

父・誠一(清水章吾)からの電話でパニックに陥った鳥井(阿久津愼太郎)は、自分の部屋に引きこもってしまう。しかし、坂木の懸命な説得でどうにか立ち直り、自分を取り戻す。誠一と同様、親子関係を修復したいと考えていた鳥井は、坂木に背中を押されながらもいよいよ誠一と久しぶりの再会を果たす。そんなとき、まりおの父親である佐藤隆之(佐々木喜英)が訪ねてくる。まりおの描く不可思議な絵と謎の言葉の数々。隆之と対面した鳥井はある事実を確信し、ついに謎の真相を語りだす…。

NEWS !!「青空の卵」主題歌決定!!

「glow」/keenofeat. ぐるたみん
glow /keenofeat. ぐるたみん

ソロ楽曲の動画再生数が2,000万回を超え、1stアルバム「EXIT TUNES PRESENTS ぐ~そんなふいんきで歌ってみた~」がオリコンウィークリー初登場5位を記録。ソーシャルネットワーク上で中心に絶大な人気を誇る歌い手「ぐるたみん」が歌う、ポストロックの名手として数々の心に響くバラードを発表する人気ボカロP「keeno」による、「とにかく泣ける!」と話題の「glow」が主題歌に。あまりにドラマにはまっているとのプロデューサーの強い意向により、テレビドラマと「歌い手」・「ボカロP」による異例のタイアップ決定!!