ドラマ「チア☆ダン」7話の見逃しフル動画の無料配信は視聴できるのかどうかコチラで確認できます。

※ 映画版「チア☆ダン」はコチラ(↓)のページでどうぞ。

チアダン 7話の動画見逃し配信

放送から1週間以上経過している場合

放送から1週間以上経過している場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「チアダン」7話の見逃し動画を視聴することができます。

music.jp1話あたり324円

※ 上記レンタル視聴料金は税込換算です。
※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

music.jp

無料期間:30日
無料期間終了後:月額1922円
動画数:180,000本以上
初回962円(通常pt)1500円(映画pt)もらえます。

さらに毎月1922円(通常pt)3000円(映画pt)もらえるので
実質的には毎月の支払い料金以上に得するということ。

>> 公式サイトはこちら

放送から1週間以内の場合

放送から1週間以内の場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「チアダン」7話の見逃し動画を無料で視聴することができます。

チアダン 7話のあらすじ

大会を前に練習に励むわかば(土屋太鳳)達だが、麻子(佐久間由衣)は後輩から告白されて動揺し、妙子(大友花恋)も家の事情で練習に参加できず、チームはバラバラに…
3年生になったわかば(土屋太鳳)たち。大事な大会を前に緊張感のある練習に励む汐里(石井杏奈)、茉希(山本舞香)らロケッツの面々。そんな中、練習帰りに麻子(佐久間由衣)は後輩の男子学生からラブレターを突然渡され大きく動揺する。妙子も家の事情で練習になかなか参加できなくなり、チームは次第にバラバラになっていく…。夢を手に入れるために、捨てないといけないのは恋か?それとも家族か?

出典:TVer

チアダン 7話の感想

感想

今回のストーリーとしては、一人一人のことが深く掘り下げられていたと感じました。

特に妙子ちゃんのことが主に描かれていて、家のお父さんが大変だから自分がそれを手伝わなくちゃいけなくて、それに時間取られてチアダンスの練習の時間が取れなくて苦労しているのが見ていてよく伝わってきました。

本人もどっちつかずの状況が嫌で自分から大会に出ないと言いましたけど、本音はチアのことを思っていてだけど両方は無理という結論出したところは、私があの立場でもああしていたのだろうと思います。

だけどチームの為に自分がただ犠牲になるというのはちょっと違うかな、という思いもあります。

確かに目標が大会の優勝なので、自分みたいに下手な子がいると私のせいで負けたということにもなりかねないという懸念や心配はよくわかります。

でもそういう気遣いと、自分がやりたい気持ちというのは違うものだと思います。

自分がやりたいのならやってみればいいじゃん、と。

やってみないと分からないこともあるし、勇気を出すことが一番重要なことなんだなと感じました。

そして周りのみんなの協力のおかげで自分の気持ちに正直になれたところは、「いいなぁこういうところが青春してるな」と感じましたね。

委員長の恋愛に関しても、自分が不器用でいろいろ器用なことはできないけど、それでも相手に正直にそれを言ったところは委員長らしいなと思いました。

大会の演技も、前回とは違いみんな自信があるように見えましたね。

見ていてとてもキレイだな、もっと見ていたいと思える演技でした。

ここまでみんな頑張ってきたのだな、頑張ることが結果に繋がっていくのだな、と切に思ったシーンでした。

そのあとに太郎先生の表情が印象的でしたし、あのシーン見てて何かこみあげてくるものがありました。

来週も何か大変なことになりそうな雰囲気でどうなるのか楽しみです。

感想

感想

今の社会は楽な方に楽な方にいく傾向があると思います。

だから、結局家庭の事情とはいえ、休む子がいると練習ができない、大会にも勝てないという理由から切り捨てるか、本人が表向きは身を引くなんてことになることは少なくないと思います。

本当は今回のように全員参加で優勝という最高の結果は嬉しいし、羨ましかったです。

娘がダンス部に所属していた時、1人大会を辞退した子がいました。

家庭の経済的な理由で全国大会に出るにはお金もがかかるしという理由だったようです。

そうなるとその子は試合までの練習も出来ないし、結果予選落ちだったので全国大会にも行かなかったのに、行くことを想定してるので、その時にならないとわからないわけです。

だからその時全国大会になったら考えてカンパするなり、お金だけなら借りるなりすればと思ってしまいました。

私は何より入部した時のメンバー全員で踊ることを大事にしたかったからです。

娘にそう伝えました。

そんなことは言わなくても無論部員みんなも思っていたようです。

でも彼女はそこまでしてもらってまで出たくないし、娘も私でもそうするかもと言っていました。

私が口出すことでもないので、それで話は終わってしまったのですが、わかばのように熱意を持って、同情じゃなく、自分のため、部員のみんなのためにと説得して、全員で臨む選択がやっぱりあっても良かったかなと思います。

自分からそうすると甘えられるのは、なかなか強引にされるくらいじゃないと出来ないと思います。

ましてはお金をのことにもなると。

優勝はしなくても全員で完全燃焼することができたら、最高の笑顔、最高の思い出にもっとなったのかなと考えさせられました。

感想

チアダン 7話のスタッフ

脚本:後藤法子、徳尾浩司
原作:映画『チア☆ダン』製作委員会
協力プロデューサー:平野隆、辻本珠子
音楽:末廣健一郎、MAYUKO
特別協力:福井県
協力:一般社団法人日本チアダンス協会、福井県福井商業高等学校チアリーダー部 JETS
プロデュース:韓 哲
協力プロデュース:高山暢比古
演出:福田亮介、金子文紀、岡本伸吾、渡部篤史
製作著作:TBS

チアダンの主題歌

『輝きだして走ってく』/サンボマスター

チアダン 7話のキャスト

藤谷わかば :土屋太鳳
桐生汐里 :石井杏奈
桜沢麻子 :佐久間由衣
友永ひかり :広瀬すず
蒲生駒子 :阿川佐和子
漆戸太郎 :オダギリジョー

チアダン 7話の予告動画の無料配信

 


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: