ドラマ「チア☆ダン」8話の見逃しフル動画の無料配信は視聴できるのかどうかコチラで確認できます。

※ 映画版「チア☆ダン」はコチラ(↓)のページでどうぞ。

チアダン 8話の動画見逃し配信

それではドラマ「チア☆ダン」8話の見逃しフル動画の無料配信の視聴方法についてご案内していきます。

放送から1週間以上経過している場合

放送から1週間以上経過している場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「チアダン」8話の見逃し動画を視聴することができます。

music.jp1話あたり324円

※ 上記レンタル視聴料金は税込換算です。
※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

music.jp

無料期間:30日
無料期間終了後:月額1922円
動画数:180,000本以上
初回962円(通常pt)1500円(映画pt)もらえます。

さらに毎月1922円(通常pt)3000円(映画pt)もらえるので
実質的には毎月の支払い料金以上に得するということ。

>> 公式サイトはこちら

放送から1週間以内の場合

放送から1週間以内の場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「チアダン」8話の見逃し動画を無料で視聴することができます。

チアダン 8話のあらすじ

「仲間と踊るため…あたしは信じる」
全米制覇に向けて頑張るわかば(土屋太鳳)らだが、高校三年生になり受験や進路の事にも頭を悩ます日々。自分の将来の進路と真剣に向き合っているものもいれば、目の前のチアダンスにただただ必死に向き合っているものもいる。そんな中、汐里(石井杏奈)は、アメリカへの転勤が決まった父親から一緒に来ないかと誘われる…。

出典:TVer

チアダン 8話の視聴前の期待

期待

北信越チャレンジカップという大会で優勝を収めたRocketsは全米制覇という夢に向かって、関西予選大会に挑むことになった。

その頃、高校を卒業してからの進路を決めないといけない時期になった。

わかばの周辺では、今まで通りにチアダンスに100%専念するわけには行かなくなってしまった。

わかばはそのことで不満に思いつつも、わかばの家族から進路はどうするかと聞かれ、学校でも私生活でも常に進路という二文字を聞くようになった。

わかばは進路について考えたくないと口にするものの、進路について考えないといけないという危機感に駆られていた。

だが、わかばにとっての進路というのはチアダンスで全米制覇をすることでしか思いつくことはできなかった。

果たして、わかばのいるチアダンス部のメンバーは進路のことで葛藤しつつ、チアダンス部の活動との両立を図ることができた上で、納得のいくチアダンスにすることはできるかどうかということに期待する。

チアダンス部の顧問の先生である教頭先生とわかばらチアダンスのメンバーとの間の関係に変化が見られるかどうか、あおいコーチはチアダンス部に対してどのような指導をするかどうか、太郎先生のリハビリの進捗状況はどうなっていくかどうか、わかばは進路のことでどう考えていくかどうか、チアダンス部内の恋愛事情に進展が見られるかどうか、チアダンス部によるチアダンスが見られるかどうかが見どころであり、かつ楽しみなポイントである。

感想

期待

8話は影の主役(?)、汐里(石井杏奈)がメインの回のようですね。

本来なら、転向してきてチアダンス部を設立した彼女が主役の方がドラマとしても自然で盛り上がるような気がします。

そんな彼女がメインの回とあって、注目の8話ですね。

汐里とチアダンス部のメンバーの結束がさらに深まる回になりそうです。

汐里の暴行疑惑も、正当防衛か、もしくは相手が勝手に転んでケガしたか、そういう部類だと思います。

しかし、汐里はチアダンス部に迷惑をかけたくないから、だまって父親についてアメリカへいこうとする。

そんな汐里の思いを知り、わかば(土屋太鳳)がメンバーとの誤解を解くために奔走する姿が描かれるのではないでしょうか?

仲間のために動くわかばの姿、チアダンス部のために身を引こうとする汐里…思いは一つ、チアダンス部のためなんですね。

そんな二人の熱い思いが描かれる。王道の「ザ・青春ドラマ」的展開が楽しみです。

近年、学園ものが少ないので、こういう王道学園ドラマは貴重です。

前クールのドラマ「花のち晴れ」は、流石に学園ものでも、おっちゃんが見るにはちょっときつ過ぎました(ベタな恋愛要素ばかりだったので)。

しかし、本ドラマは王道なので世代問わずに見れます。見ていて、学生時代の一体感や部活に取り組んだことや友情を思い出せます。

わかばみたいなムードメーカーいたなとか、部活でケンカしたことあったなとか…。

7話が大会に優勝して、部として上昇した回でした。8話は一旦下げてクライマックスへ向かうためのステップの回のような気がします。

ただ、みんな勉強してなさそうなので、委員長以外、まともな大学にいけるのか不安ですよ。

感想

チアダン 8話の感想

3年生になって最大の目標でもある大会に向けて頑張っている姿というのはとても良く見えました。

3年生ということでこれからの進路といものもあるのでこの季節は部活しながらもこれからの将来に向けてどうするか考えなくてはいけない時期なので大変な時期ですよね。

皆一度は通る道とはいえあの時期というのは人生の中でも特に濃密な1年間ですし、友達ともここでの付き合い方次第で何十年も付き合う間柄になるのかどうか決まると言っては過言ではない時期という一番重要な時間です。

そんな大切な時期に、汐里が東京に行ったときに自分の後輩助けるために危ない目に遭って、それが濡れ衣で暴行事件にまでなってしまうというチアダンス部にとっても汐里にとっても大変な事になってしまい、部の事を思って汐里が部を辞めるということになりかけてしまいもう見ていられませんでしたね。

というのも相手側のほうのが悪いことしているのに、SNSにあんなひどいこと書かれてあんなことやられたら本人にはもう言葉では言い表せないぐらいの大きな精神的にショックなことになってしまいます。

あの辛そうな表情を見ているだけでこちら側も辛い気持ちになりましたね。

それにしても今の時代怖いですよね人を助けただけなのにあんな大ごとになるとは、しかもネットに実名で書かれるということになるなんてという感じで、あんなことになるから見て見ぬふりするしかないのかなと個人的にそう思ってしまいました。

だけど部の皆がそんなこと汐里はしていない皆で東京に行こうというところのシーンはもう青春って感じがして、とても良いシーンであんな仲間がいて幸せだなと感じました。

来週はわかばが怪我しているということでどうなっていくのか展開が楽しみです。

感想

チアダン 8話のスタッフ

脚本:後藤法子、徳尾浩司
原作:映画『チア☆ダン』製作委員会
協力プロデューサー:平野隆、辻本珠子
音楽:末廣健一郎、MAYUKO
特別協力:福井県
協力:一般社団法人日本チアダンス協会、福井県福井商業高等学校チアリーダー部 JETS
プロデュース:韓 哲
協力プロデュース:高山暢比古
演出:福田亮介、金子文紀、岡本伸吾、渡部篤史
製作著作:TBS

チアダンの主題歌

『輝きだして走ってく』/サンボマスター

チアダン 8話のキャスト

藤谷わかば :土屋太鳳
桐生汐里 :石井杏奈
桜沢麻子 :佐久間由衣
友永ひかり :広瀬すず
蒲生駒子 :阿川佐和子
漆戸太郎 :オダギリジョー

チアダン 8話の予告動画の無料配信

 


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: