ドラマ「義母と娘のブルース」7話の見逃しフル動画の無料配信は視聴できるのかどうかコチラで確認できます。

義母と娘のブルース 7話の動画見逃し配信

放送から1週間以上経過している場合

放送から1週間以上経過している場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「義母と娘のブルース」7話の見逃し動画を視聴することができます。

music.jp1話あたり324円

※ 上記レンタル視聴料金は税込換算です。
※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

music.jp

無料期間:30日
無料期間終了後:月額1922円
動画数:180,000本以上
初回962円(通常pt)1500円(映画pt)もらえます。

さらに毎月1922円(通常pt)3000円(映画pt)もらえるので
実質的には毎月の支払い料金以上に得するということ。

>> 公式サイトはこちら

放送から1週間以内の場合

放送から1週間以内の場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「義母と娘のブルース」7話の見逃し動画を無料で視聴することができます。

義母と娘のブルース 7話のストーリー

再就職した義母を待ち受けるのは、どうしようもないバカ店長!倒産危機のパン屋を再生できるのか?一方娘は義母の愛ゆえの重圧に悩み、義母VS娘のバトル勃発!
麦田章が店長を務めるベーカリー麦田に再就職した亜希子は店の立て直しを計画する。しかしその経営状況はひどいもので、根本からの改革が必要なことがわかる。果たして亜希子は店を再生できるのか?一方みゆきは、亜希子の愛情にこたえられない自分に落胆し、思い悩んでいた。義母との差を痛感する度に悲観するみゆきはついに・・・義母と娘の10年間の行方は!?

出典:TVer

義母と娘のブルース 7話の感想

感想

今回のストーリーは、3つの展開が気になって目が離せませんでした。

1つ目は、ベーカリー麦田が亜希子の雇用によってどう変わっていくのかという部分です。

麦田は、変に調子に乗っって急にやる気を無くしたり、楽観的にものを考えたりしているけれども、単純なだけで接し方次第では大成するのでは、と思ってしまいました。

はじめは亜希子のペースと波長が合わない麦田が、これからどんどん亜希子によって変わっていくのかと思うと楽しみで仕方ありません。

亜希子をクビにするという発言が、「ミヤモト」ではなく、「イワモト」だったために最終的に亜希子がお店に戻ってきたくだりはくすっと笑ってしまいました。

二つ目は、亜希子とみゆきの相手を思うからこそのすれ違いです。

今回は、亜希子がみゆきに頑張るところを見せて、みゆきなりの目標を見つけてほしいという親心と、頑張ろうとすればするほど、自分と亜希子のスペックの差に劣等感を抱いてしまうみゆきのきもちも痛いほどわかってしまい、うずうずとしてしまいました。

二人がベーカリー麦田の前で、謝って仲直りするシーンは、そっくり過ぎてなんだかんだ本当の親子だなと思いました。

三つ目は、みゆきと大樹の恋の行方が気になります。みゆきが受験生ということもあり、本格的なお付き合いではないけれど、確実に意識しているんだなあというのは、伝わってきました。

今は、大樹がみゆきの家庭教師という大義名分のもとで一緒に過ごしているけれども、今後くっつくのかどうかが見どころです。

みゆきが早合点して「ヒニン」を「ヒナン」だと思ってしまい、平然と「やっているよ」といったときの亜希子の親心を考えると、自分だったら笑えないなと思ってしまいました。オチのようになっていてとてもおもしろい場面でした。

今回のストーリーを観てますます今後の展開が楽しみになりました。

感想

感想

6話では、アキコの仕事とみゆきとひろき君の出会いが二人を変えると言っていたので、7話ではアキコがパン屋の再建を考える場面が大半だったから、専業主婦の方が、みゆきとの時間が合った方がみゆきには良かったのかなと思いました。

だけど、段々とみゆきが恋人を作るなどをして、いきなり結婚や大学進学で一人暮らしなどをして、アキコから自立していく方向へ行くのかなと考えました。

元部下の田口君が出てこなかったので、2章はパン屋中心になり、田口君はみゆきの父の葬式を機に去ってしまったのかなと思いました。

陰ながらにアキコを見守ってくれるのかと思っていたので、また出てきてほしいです。

会社を解雇されたりして、繁盛した麦田にやって来て、麦田と田口君がアキコを巡ってバトルするところが見たいです。

麦田が、友人に相談したことで、アキコの資料が凄いことが分かり、頭が良すぎて子供の気持ちがわからないアキコに代わって、麦田の方がみゆきの気持ちを理解できていた場面は、よかったです。

自分もケーキ屋に面接に行った時、アキコのように真面目すぎるために色々とつっこまれてしまい、麦田を見ていて、面接者もそんな視点で見ていたのかなと客観視出来たからです。

採用が怪しい感じだったので断ってしまいましたが、麦田は第三者が意見してくれることでアキコの良さを知ったので、自分ももう少し待てばよかったかなと思いました。

だけど、アキコを見ていて、自分も勉強が好きなので、分析力が仕事に生かせるのかなと勉強になりました。

高校生の気持ちは大人になると分からなくなるけれど、無理に有名大学に入るよりも好きな学校に入ればいいと言うのは、自分がそうだったので、みゆきの気持ちもアキコの気持ちもわかる気がします。

実際にキャンパス見学に行くと、名前だけの大学は合っていないと空気や環境で感じたからです。

みゆきは、ひろき君と大学へ行きたいと言い出し、すぐには行かず、麦田で働きながら、アキコと共に起業するのかなと予想しました。

感想

義母と娘のブルース 7話のスタッフ

原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社)
脚本:森下佳子
演出:平川雄一朗
演出:中前勇児
プロデューサー:飯田和孝
プロデューサー:大形美佑葵
主題歌:アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)/MISIA

義母と娘のブルース 7話の出演者

宮本 亜希子:綾瀬はるか
麦田 章:佐藤 健
宮本 みゆき:上白石萌歌
黒田大樹:井之脇海

義母と娘のブルース 7話の予告動画無料配信

 


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: