ドラマ「極道めし」3話の見逃しフル動画の無料配信は視聴できるのかどうかコチラで確認できます。

極道めし 3話の動画見逃し配信

放送から1週間以内の場合

放送から1週間以内の場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「極道めし」3話の見逃し動画を無料で視聴することができます。

ドラマ「極道めし」3話のあらすじ

猛暑のある日、刑務所の204号室では祝日の食事に出るようかんを賭けた‘飯語りバトル’が始まる。詐欺師の坂井(柳沢慎吾)はタレの焼き鳥を思い出す。

出典:Yahoo!テレビ

ドラマ「極道めし」3話の感想

感想
手錠をされたまま逃走して、逃げ込んだ先が開店前の料理屋でした。

店主はすぐ気づいたと思いますが、何も言わずに品物を出します。

焼き鳥が出て来ましたが、これは美味しそうです。

どんな悪人でもお腹は空きますから、逃げ回って疲れた体には余計美味しく感じます。

焼き鳥は、タレ派と塩派に別れますが、どちらもその時の体調で選べば美味しいです。

最後の一本のところで警察が来て食べそこねましたが店主が、出てきたらまた来いよ!と粋な言葉を投げかけました。

次はサザエのつぼ焼きですが、わたしは見た目がグロすぎて食べれません。

サザエの香りよりも女性につられて行ったようにも見えます。

次がフルーツの缶詰めセットですが、今の時代はお中元、お歳暮などが少なくなりもらうことが無くなりました。

昔の時代は、ごく当たり前だったのですが人間関係の薄れがこういう結果になったと思います。

出してもお返しがないとかで、次の年から出さなくなりました。

最後に、鉄鍋餃子ですが皿で出される餃子よりも鍋餃子は格別な味です。

肉汁が出て、酸味の利いたタレに付けるとより一層引き立ちます。

話はここで終わらずに、口の中の油を流し込むビールを飲むと最高の気分です。

反則技を使った攻撃でしたが、全員の喉をうならしました。

このゲームは、相手の喉を鳴らすのが勝利につながり、話術も問われます。

妄想を引き立たせて、ごくりと喉がなれば勝利です。

楽しみがない塀の中では、このゲームが唯一の楽しみです。
感想

ドラマ「極道めし」3話のスタッフ

原作:土山しげる「極道めし」(双葉社アクションコミックス)
協力:大西祥平
脚本:福原充則
監督:白川士
プロデューサー:森田昇
プロデューサー:池田禎子
プロデューサー:高橋優子
主題歌:JOHN DOE/嘘とカメレオン

ドラマ「極道めし」3話のキャスト

原一平:福士誠治
小津弘:今野浩喜
八戸伍三郎:徳井優
坂井直次:柳沢慎吾
荒木健作:小沢仁志
向田吉雄:和田聰宏
野村孝治:橋本真一
白鳥不二子:祥子
峰うらら :椎名香奈江

ドラマ「極道めし」3話のゲスト出演

遠藤雄弥:腰崎
居酒屋店主:信太昌之
餃子屋の親父:九十九一

ドラマ「極道めし」3話の予告動画の無料配信


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: