ドラマ「ハゲタカ」7話の見逃しフル動画の無料配信は視聴できるのかどうかコチラで確認できます。

ハゲタカ 7話の動画見逃し配信

放送から1週間以上経過している場合

放送から1週間以上経過している場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「ハゲタカ」7話の見逃し動画を視聴することができます。

auビデオパス加入者は無料
TSUTAYA TV1話ごと324円
music.jp1話ごと324円
ビデオマーケット1話ごと324円
U-NEXT1話ごと324円
dTV1話ごと324円

※ 上記レンタル視聴料金は税込換算です。
※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

放送から1週間以内の場合

放送から1週間以内の場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「ハゲタカ」7話の見逃し動画を無料で視聴することができます。

ドラマ「ハゲタカ」7話のあらすじ

2018年。鷲津(綾野剛)は無人探査機開発を夢見る若手起業家・天宮(森崎ウィン)から支援を請われる。同じ頃、国内最大の重工業メーカー「帝都重工」のデータ改ざん問題が世間を揺るがせていた。政財界の黒幕として暗躍する飯島(小林薫)は同社救済のため鷲津を使おうと画策。芝野(渡部篤郎)経由で接触し帝都重工買収を持ち掛けるが、鷲津は返答を保留する。一方で、飯島は外資系企業傘下で実績を上げる貴子(沢尻エリカ)を訪ねる。

出典:Yahoo!テレビ

ドラマ「ハゲタカ」7話の感想

鷲津が講義をしている時、失われた20年どころか失われた30年であるなだと言い、この国はNothing、つまり何も得ることができていないと主張したことや、壊して羽ばたけと強く訴えたことが非常に良い講義をしているのだと感じた。

鷲津はあくまでも現実主義だということが伝わってきた。

その鷲津の講義に影響された天宮らの気持ちにも分かるが、鷲津の言う通りに天宮らは他人任せ、つまり鷲津任せにしていて、また被害者根性までも持っているというのが問題なのだと思った。

他人任せや被害者根性をしているだけであって、天宮らは自らで探査機を開発するという努力が無いのだと感じた。

鷲津は先程にも言った通り現実主義であるため、夢にお金は投資しないという考え方は勇ましかった。

また、明確な目的とそれに伴う行動が全てだというのも良かった。

芝野が5歳の孫を持つおじいちゃんになって、孫の写真を鷲津に見せるというのが可愛かった。

鷲津の言う通り、芝野は歳を取ったということが伝わってきた。

また、芝野は飯島や真壁の話を聞いたり、また鷲津の話を聞くという、果たして飯島や真壁の仲間であるのか、もしくは鷲津の味方であるのかどちらかということが気になった。芝野の心理が一番読めなかった。

鷲津が飯島や真壁の計画を知る途端に、サムライファンドをやめて、帝都重工の社長になるということには驚いた。

果たして帝都重工の社長になった鷲津は羽ばたくということができるかどうかが気になった。

感想

主人公の鷲津(綾野剛)の顔が、回を重ねるごとにこわばってきますね。

何というか、最初の方の優しさの残っていた顔の表情とは全く違う。

狂気をはらんだ顔に完全に変貌している。

貴子(沢尻エリカ)が社長の『日光みやびホテル』を救ったときは、時折、優しい表情もみせていたのに、何かにとりつかれたような感じになってしまった。

特に、ベンチャー企業の代表の人と会社のオフィスで話していたとき、備品のテーブルをたたいて破壊したシーンが凄かった。

ある意味、暴力団のような恫喝にも感じましたが、まさしく鷲津の心理面のおさまりのつかない状況が一番あらわれた場面だったのではないでしょうか?

このシーンが、7話でインパクトがありました。ある意味、救いを求めてきた人に、そこまでするか?と思いました。

備品代もったいない…。

鷲津には夢はないのか?そういう心を忘れてしまったのか?純粋なベンチャー企業の社長との対比が、一層、鷲津の闇を際立たせていました。

綾野剛の演技力はたいしたものです。初回から、この暴走していく鷲津の様子は計算しての演技だと思います。

まさしく、暴走していく鷲津の内面を1話1話バージョンアップさせて、視聴者にも感じ取れるように表現していたのでしょうね。

すごい!

日本ルネッサンス機構の飯島(小林薫)と『帝都重工』社長・真壁達臣(伊武雅刀)も、現在の日本の会社経営陣の裏側をわかりやすく描いてくれていると思います。

談合に天下りに、地位にしがみつく老害…そんな世間から毛嫌いされる様子をフルに詰め込んでします。

特に飯島はしたたかですね。鷲津に一旦は失脚させられながら、再度のぼりつめた手腕は実際にすごいのでしょうね。

しかも、かなり執念深そうで、「帝都重工」の一件も本心は鷲津への復讐心からでしょう。

シナリオ的には飯島(小林薫)のシナリオ通りにすすんでいるような気がしてなりません。

今回は用意周到に、仕掛けているように思えます。

最後の、鷲津の『帝都重工』への社長就任も計画の一旦に含まれていると思います。

最終対決が楽しみです。

感想

ドラマ「ハゲタカ」7話のスタッフ

原作:真山 仁『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』(講談社文庫)
脚本:古家和尚(『任侠ヘルパー』『S -最後の警官-』ほか)
監督:和泉聖治(『相棒』シリーズ)ほか
音楽:富貴晴美
主題歌:Mr.Children「SINGLES」Toy’s Factory
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:中川慎子(テレビ朝日)、下山潤(ジャンゴフィルム)
制作協力:ジャンゴフィルム
制作著作:テレビ朝日

ドラマ「ハゲタカ」7話のキャスト

鷲津政彦:綾野剛
芝野健夫:渡部篤郎
松平貴子:沢尻エリカ
アラン・フジタ:池内博之
松平珠香:木南晴夏
芝野亜希子:堀内敬子
宮部みどり:佐倉絵麻
佐伯宗徳:杉本哲太
中延五朗:光石研
飯島亮介:小林薫

ドラマ「ハゲタカ」7話のゲスト出演者

天宮光一:森崎ウィン
真壁達臣:伊武雅刀


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: