ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」4話の見逃しフル動画の無料配信は視聴できるのかどうかコチラで確認できます。

いつかこの雨がやむ日まで 4話の動画見逃し配信

放送から1週間以上経過している場合

放送から1週間以上経過している場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」4話の見逃し動画を視聴することができます。

FODプレミアム 加入者は見放題

※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

FODプレミアム

初回1ヶ月無料。月額888円。
動画数:1,000本以上
毎月最大1,300pt貰えるので実質毎月412円相当の得
無料で見放題の名作のドラマが充実。
雑誌約100誌、漫画約1,000冊無料で読み放題

>> 公式サイトはこちら

放送から1週間以内の場合

放送から1週間以内の場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」4話の見逃し動画を無料で視聴することができます。

いつかこの雨がやむ日まで 4話のあらすじ

「罠と秘密・・・縛りつける女」

和也(堀井新太)と心を通わせたひかり(渡辺麻友)は幸福感を抱く。その陰で、和也の恋人・沙耶(筧美和子)の嫉妬心は大きくなっていた。和也のおかげで劇団に戻ったひかりだが、ジュリエット役は芽衣(宮澤エマ)に。そんな中、和也は家業の料亭が経営危機にあることを知る。沙耶の父親は店のメインバンクの役員だった。和也はひかりと家族の板挟みになる。一方、國彦(桐山漣)は15年前の事件の真犯人への復讐を進めていた。

出典:Yahoo!テレビ

いつかこの雨がやむ日まで 4話の感想

感想

ひかりと和也がやっと心を通じ合う中になれた事が嬉しくてなりませんでした。

今までの暗く表情が全く無かったひかりの顔に笑顔が溢れてきていて、和也の土下座をしたのが劇団へ戻れる事になり、上手く物事が進んでいると安心してしまいましたが、まだ和也の恋人になっている沙耶のハサミでハンカチを切り刻む姿は気持ちが悪く、沙耶の過去の話が重く和也に対しての執着が強いので、ひかりの回りで起こっている数々の事件の一部は沙耶の嫌がらせによる犯行に見えて、和也とひかりには早く気が付いて欲しいです。

沙耶の考えた和也を確実に手に入れるための家族同士の食事会の作戦に、和也の父親が簡単に乗ってしまうのも怪しく、どうせ結婚するのだからという発言は決めつけすぎで、何か事件に関係している気もしてきて、和也の義理の兄弟の幸一郎は15年前の事件で亡くなった麻美のストーカーだった上に、料亭たにがわの運営費を使い込んでいるようで何を仕出かすかわからず、和也も不幸な人生になっていく展開もあるのかなと思ってしまいました。

もしかしたら、15年前の麻美が亡くなった事件は和也以外の谷川家の人々が関わっているような気もしてしまいます。

ひかりが復帰できた劇団では、主役のジュリエットを天竺の娘の芽衣が演じる事になって練習を始めると、劇団員の聞こえるような陰口が始まって亡くなった舞子の方が良いと話す姿は、醜い人間の心の内側を露骨に見えいる気になり、このドラマのダーク感がよく出ていました。

和也の15年前の目撃した時の記憶はまだ多く眠っているようで、一体誰なのか気になって仕方がありません。

それ以外だと、これまでの行動で単に漁夫の利を狙うお邪魔キャラだと思われたユウキが、自身の破滅も辞さない狂気ををはらんだキャラであることが示唆されました。彼の過去のエピソードが語られることがあるのか気になります。

予告で見られたゼロとヒロシが互いにののしりあうシーンですが、何らかの想像のシーンなのかと思ったら実際に会話された事柄で、更にそれが主催者側の目を反らす役割になっていたというのは上手いと思いました。

感想

感想

4話をみて第一に思うことは、三上沙耶(筧美和子)が怖すぎということですね。

自分の幸せしか考えていない独善的な和也への愛情に寒気がします。

ひかりに放った「和也さんに私なら幸せを与えてあげることができる」という発言が、支配欲求丸出しですよ。

過去にフィアンセが亡くなったことを和也に語っていましたが、それすら怪しいと思っています。

創作話で、和也の同情を誘おうとしたという可能性も高く、この女なら、そういうことは当たり前にやりそうですね。

もし、彼女と結婚しても和也に心休まる日々はなさそうです。

あとは、怪しいと思っているのは、15年前に殺害された矢吹麻美(三倉茉奈)の姉・千尋(星野真里)です。

4話で、何か國彦( 桐山漣)に伝えようとするようなシーンがありました。

そもそも、どうして、彼女が國彦をかくまうのか?そこが見えません。本来は、妹の殺害で刑が確定し服役していた國彦にどうしてここまでする?

まあ、単純に考えると、彼女は國彦が好きで、実は15年前の麻美の殺害にも彼女が絡んでいたとしか思えません。

直接の殺害ではないにせよ…彼女の國彦への「感情」が事件のカギを握っていると、推察しています。

本ドラマで、緻密に女性の感情が描かれています。男性の私には理解しがたいぐらいの女の嫉妬心。それが本ドラマのテーマのような気がします。

あとは、最後に劇団の上映中に天井照明が落ちてきて天竺芽衣 (宮澤エマ)が負傷した件ですが、これって内部犯行以外不可能ではないでしょうか。

普通に考えれば、劇団関係者が怪しいでしょうが…。動機はわかりませんが、もしかして、芽衣の自作自演?とまで考えています。

キーマンは何人かいるものの、現在・過去の事件の犯人が絞りづらく、ミステリーとして面白いドラマです。

感想

いつかこの雨がやむ日まで 4話のスタッフ

脚本:高橋麻紀
脚本:佐藤奈央
演出:金子与志一
演出:雫石瑞穂
プロデューサー:松本圭右
プロデューサー:渋谷未来
プロデューサー:井上季子
主題歌:Jungle/東方神起

いつかこの雨がやむ日まで 4話のキャスト

北園ひかり:渡辺麻友
谷川和也:堀井新太
天竺要:吹越満
剛田仁志:木村祐一
北園由布子:斉藤由貴

いつかこの雨がやむ日まで 4話の予告動画の無料配信

いつかこの雨がやむ日まで 4話を見逃したら

ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」4話を見逃してしまったらコチラをどうぞ。

FODプレミアム 加入者は見放題

※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: