ドラマ「刑事7人 第4シリーズ」第8話の見逃しフル動画の無料配信は視聴できるのかどうかコチラで確認できます。

刑事7人 第4シリーズ 第8話の動画見逃し配信

それではドラマ「刑事7人 第4シリーズ」第8話の見逃しフル動画の無料配信の視聴方法についてご案内していきます。

放送から1週間以上経過している場合

放送から1週間以上経過している場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「刑事7人 第4シリーズ」第8話の見逃し動画を視聴することができます。

TSUTAYA TV 1話につき324円
music.jp 1話につき324円
ビデオマーケット 1話につき324円
U-NEXT 1話につき324円

※ 上記は税込での表記になります。
※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

レンタル視聴料金は324円(税込)であることが分かりますね。


TSUTAYA TV

無料期間:30日
毎月(初月も)1080ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額933円 or 月額2,417円
動画数:85,000本以上
TSUTAYAのほぼ全ての動画

>> 公式サイトはこちら

music.jp

無料期間:30日
無料期間終了後:月額1922円
動画数:180,000本以上
初回962円(通常pt)1500円(映画pt)もらえます。

さらに毎月1922円(通常pt)3000円(映画pt)もらえるので
実質的には毎月の支払い料金以上に得するということ。

>> 公式サイトはこちら

ビデオマーケット

初月無料
無料期間終了後:月額500円 or 980円
毎月540ポイントがもらえます
動画数:160,000本以上

>> 公式サイトはこちら

U-NEXT

無料期間:31日
初回登録時に600ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額1,990円
毎月1,000円分のポイントがもらえます
動画数:120,000本以上
※家族でアカウントシェア可能(4人まで)

>> 公式サイトはこちら

放送から1週間以内の場合

放送から1週間以内の場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「刑事7人 第4シリーズ」第8話の見逃し動画を無料で視聴することができます。

刑事7人 第4シリーズ 第8話のあらすじ

青山新(塚本高史)が桶と柄杓を手に墓地から出てきた。そこへ水田環(倉科カナ)から電話が入る。「今どこ?」と聞く環に青山は静かに答えた。
「今日、あいつの一周忌なんですよ」――。
2人が駆け付けた事件現場では、近頃こっそり受けていた昇進試験に落ちたらしい海老沢芳樹(田辺誠一)が張り切って所轄に指示を出している。発見されたのは、日雇いアルバイトをしていた50歳の男性・鶴岡浩介(吉見一豊)。1カ月前まで青森にいたが、勤務先の工場が倒産したために上京して職探しを行っていたという。

出典:TVer

刑事7人 第4シリーズ 第8話の感想

感想

しばらく海老沢主任の出番がなく、7人のうちの一人でレギュラー扱いだろうし、もう少し出てもいいんじゃないかな、と思っていましたが、昇進試験を受けていたとのことでした。

海老沢主任はどっちかというと不器用なタイプなんでしょうか。

今回は青山くんの過去の関係性が、事件の犯人たちの関係性とかぶる内容でした。

今回は関係者の人数も多かったし、片桐さん以外が出ていたので天樹さんの出番がちょっと少なかった気がします。

もともとフルメンバー7人ということもあり、出番の量なども難しいなと思いました。

野々村くんもしっかりしてきたので、彼の活躍も最後の方にもうちょっと見れるのかもしれません。

天樹さんが資料係、という性質もあり、過去の事件を掘り返すことになってしまい、真実が明らかになれば必ずしも救われるという感じでもないのが毎回辛い部分だと思いました。

嘘をついた人生より嘘のない人生のほうがいいし、被害者も真実が明かされたほうがいい場合もありますが、あまり触れて欲しくないだろう過去や、真実がわかったところで望んだ罰が犯人に下されるわけではないし、かといってもう過去にも戻れないのに、真実を明かすように言われるのは辛いですよね。

今回の事件は特に周囲に頼れる大人が存在せず、社会に安心感がないように感じられた3人に思えて、なんだか暗い社会だなと思いました。

刑事7人は7人のビジュアルが華やかなので、華麗な勧善懲悪事件ものっぽいイメージを抱いていましたが、毎回わりとシビアな事件の取り扱いだと思います。

ミステリーや刑事ものは事件ではなく社会を書くと言われますが、過去と現在を絡めて社会の変遷を描いているのかなと思いました。

8話目なのでもう中盤も過ぎたところですが、残りの話も楽しみです。

感想

感想

鶴岡は中学の時の同級生であった牛島が自殺したことに疑問を持ち、施設のことを調べていた時点で、鶴岡は牛島から何か相談をされていたか、もしくは牛島は自殺をするような人物ではないからか、と思っていました。

しかし、鶴岡と牛島の間の関係は中学の時の同級生ということでしか明らかになっていないというのは若干物足りなさを感じたかな。

また、鶴岡は牛島自殺の真相を突き止めて、泉にお金を要求していたことを受け、最初から金銭目的で牛島自殺の真相を明らかにしようとしていたのだろうかと気になりました。

友達想いで牛島は自殺ではなかったのだと強く訴えたいのではないかと感じました。

そこで、25年前、牛島が泉を犯そうとしていた行為のシーンを見ると、もしかしたら牛島は中学の時もそういった悪者ではないのだろうかと気になってきます。

だからこそ、悪者であった牛島だからこそ自殺するわけがないのだと鶴岡は感じたのだろうかと疑問を持ちました。

弁護士の墨田は子供時代の墨田と顔が似ているのだと感じたようです。

弁護士の墨田の顔に似ている子役をよくも見つけたのだと、スタッフに感心してしまいました。

ミサンガ3色は、火浦と墨田、泉3人の名前で決めたというエピソードは素敵でした。

墨田や泉が火浦にミサンガを贈って、25年間もそのミサンガを火浦は使っていた程に、その3人は仲良しだったのだと伝わってきました。

殺人をした墨田、死体遺棄をした火浦はしっかりと罪を償って、出所したら3人は再び仲良くなって欲しいと思いました。

施設長が真犯人だということに驚きました。

25年前、施設長は横領をしたり、牛島は泉を犯す行為に乗り出るという、施設自体が危ないのだと感じました。

感想

刑事7人 第4シリーズ 第8話のスタッフ

【脚本】
寺田敏雄
徳永友一
吉本昌弘
香坂隆史
吉原れい
徳永富彦

【音楽】
奈良悠樹
吉川清之

【エグゼクティブプロデューサー】
内山聖子(テレビ朝日)

【プロデューサー】
三輪祐見子(テレビ朝日)
和佐野健一(東映)
井元隆佑(東映)

【監督】
星野和成
安養寺工
及川拓郎
兼崎涼介

【制作】
テレビ朝日
東映

刑事7人 第4シリーズ 第8話のキャスト

天樹悠 – 東山紀之
海老沢芳樹 – 田辺誠一
水田環 – 倉科カナ
野々村拓海 – 白洲迅
青山新 – 塚本高史
片桐正敏 – 吉田鋼太郎
堂本俊太郎 – 北大路欣也

刑事7人 第4シリーズ 第8話のゲスト出演

鶴岡浩介 – 吉見一豊
熊谷二郎 – 小宮孝泰
天草泉 – 映美くらら
火浦陸 – 少路勇介
墨田賢 – 天野浩成

刑事7人 第4シリーズ 第8話を見逃したら

ドラマ「刑事7人 第4シリーズ」第8話を見逃してしまったらコチラをどうぞ。

TSUTAYA TV 1話につき324円
music.jp 1話につき324円
ビデオマーケット 1話につき324円
U-NEXT 1話につき324円

※ 上記は税込での表記になります。
※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: