ドラマ「この世界の片隅に」5話の見逃しフル動画の無料配信は視聴できるのかどうかコチラで確認できます。

この世界の片隅に 5話の動画見逃し配信

放送から1週間以上経過している場合

放送から1週間以上経過している場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「この世界の片隅に」5話の見逃し動画を視聴することができます。

music.jp 1話あたり324円

※ 上記レンタル視聴料金は税込換算です。
※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

music.jp

無料期間:30日
無料期間終了後:月額1922円
動画数:180,000本以上
初回962円(通常pt)1500円(映画pt)もらえます。

さらに毎月1922円(通常pt)3000円(映画pt)もらえるので
実質的には毎月の支払い料金以上に得するということ。

>> 公式サイトはこちら

放送から1週間以内の場合

放送から1週間以内の場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「この世界の片隅に」5話の見逃し動画を無料で視聴することができます。

この世界の片隅に 5話のあらすじ

「空襲来る…さよなら初恋の人」
昭和19年冬、すず(松本穂香)のもとに、突然幼馴染の水原哲(村上虹郎)が現れる。青葉という重巡洋艦に乗っている哲は、入湯上陸で呉に着き、すずに会いに来たのだった。一晩泊めて欲しいと言う哲に面食らう径子(尾野真千子)とサン(伊藤蘭)だったが、結局哲を一晩泊めることに。幼馴染である哲と仲の良さそうなすずを見て、心中穏やかではない周作(松坂桃李)。ふいに哲と二人きりになってしまった周作は・・・

出典:Yahoo!テレビ

この世界の片隅に 5話の感想

前回は、周作の過去にスポットが当たりましたが、
今回はすずと哲の幼馴染だった関係が序盤の主な内容です。

そこでも、周作は”男のジェラシー”といった感情が根強く出ています。

また、周作は陸軍だと思いますが、哲は水兵で、周作は水兵になりたかった、といった点も今回の男のジェラシーに四角関係に拍車をかけていきます。

やはり、男ならではの問題ってあるんだなーと思いました。

世間のニュースを見渡してもそんなんばかりですしね。

確かに、にぎやかな性格の哲と物静かの周作といったコントラストも浮き彫りになっていますね。

哲はやはりすずのことが大好きだったのでしょう。

中学時代のシーンでもすずは自分の妹のすみの方が美人だよと哲にいったのですが、「そーでもない思うがの」と言い切った頃からすずが好きだったと想定されます。

また、哲とすずのラブシーンも狂おしかったです。

長年思っていたことがやっとできたのですから。

ただ、すずは哲とは一線は超えませんでした。

やはり、周作のことを思っていたのでしょうね。

また、4話と統合して、周作とすずとの関係にややヒビが入りかけていたのも、見て取れます。

電車の中で二人は口論になるのですが、ヒビが入っているように見えて、実は愛情の裏返しだったのでしょう。

お互いの嫉妬もそこから出ているのかなーと思います。

この二人は完全にお見合い結婚から関係が始まっているのですが、結婚後、恋愛をしているように映ります。

でも、当時の時代背景的にもはわりと多かったのかもしれません。

今後厳しい展開が続くことが想定されますが、すずと周作をはじめ、登場人物が報われるような終わり方に期待します。

感想

北條家に嫁いだすずの元に幼なじみの水原が突然現れ、「一晩泊めて欲しい」とお願いします。

水兵さんになった水原を断るわけにもいかないすずたち家族は水原を泊める事にしますが、夫の周作はすずと水原の間の空気間を察します。

さらに水原がもうすぐ戦地へ向かうことを知り、水原の元へすずを差し出すような真似をします。

すずも初恋相手の水原への気持ちと周作の妙な行動に複雑な思いを抱きます。

水原の元へ行くよう家の鍵を閉めた時は驚きました。

「まさか」と思いましたが、この時代というのは実はこういう事が普通にあったのかな?と思ってしまいました。

そして、ずっと連絡がなかったすずの兄が戦死したという連絡を受けすずは実家へ戻ります。

母のキセノは「絶対に死んでいない」と言い張ります。

最初は兄の死を聞き、精神的におかしくなったのかと思いましたが、骨壺の中身が実は石ころだったことを知っていてそう言い張っていました。

その後、サイレンが鳴り避難のため骨壺を持って逃げようとした時に父の十郎が転び、骨壺から石ころが転がった時には茫然としました。

何のために国のためにと子供を戦地へ送り出し、返されたものが石ころと思うとキセノの無念さが伝わって何とも言えない気持ちになりました。

また、すずは少しずつですが周りの人の話やリンとの話の中で周作とリンの間に何かあったのではと気づき始めます。

リンもすずの存在に気づき始め、2人の仲が今後どうなっていくのか気になります。

感想

この世界の片隅に 5話のスタッフ

原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社)
脚本:岡田惠和
演出:土井裕泰
プロデューサー:佐野亜裕美

この世界の片隅に 5話のキャスト

北條すず:松本穂香
北條周作:松坂桃李
水原 哲:村上虹郎
刈谷幸子:伊藤沙莉
堂本志野:土村 芳
浦野すみ:久保田紗友
黒村晴美 :稲垣来泉
白木リン:二階堂ふみ
近江佳代 (現代篇):榮倉奈々
江口浩輔 (現代篇):古舘佑太郎

この世界の片隅に 5話を見逃したら

ドラマ「この世界の片隅に」5話を見逃してしまったらコチラをどうぞ。

music.jp 1話あたり324円

※ 上記レンタル視聴料金は税込換算です。
※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: