ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」6話の見逃しフル動画の無料配信は視聴できるのかどうかコチラで確認できます。

ラストチャンス 再生請負人 6話の動画見逃し配信

それではドラマ「ラストチャンス 再生請負人」6話の見逃しフル動画の無料配信の視聴方法についてご案内していきます。

放送から1週間以上経過している場合

放送から1週間以上経過している場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「ラストチャンス 再生請負人」6話の見逃し動画を視聴することができます。

music.jp1話につき324円
ビデオマーケット1話につき324円
auビデオパス1話につき324円
U-NEXT1話につき324円
dTV1話につき324円

※ 上記は税込での表記になります。
※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。


music.jp

無料期間:30日
無料期間終了後:月額1922円
動画数:180,000本以上
初回962円(通常pt)1500円(映画pt)もらえます。

さらに毎月1922円(通常pt)3000円(映画pt)もらえるので
実質的には毎月の支払い料金以上に得するということ。

>> 公式サイトはこちら

ビデオマーケット

初月無料
無料期間終了後:月額500円 or 980円
毎月540ポイントがもらえます
動画数:160,000本以上

>> 公式サイトはこちら

au ビデオパス

無料期間:30日
毎月(初月も)540コインもらえます。
無料期間終了後:月額562円
動画数:10,000本
au IDをお持ちなら断然オトク

>> 公式サイトはこちら

U-NEXT

無料期間:31日
初回登録時に600ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額1,990円
毎月1,000円分のポイントがもらえます
動画数:120,000本以上
※家族でアカウントシェア可能(4人まで)

>> 公式サイトはこちら

dTV

無料期間:31日
無料期間終了後:月額500円
動画数:120,000本以上
なんといっても料金の安さが特徴!

>> 公式サイトはこちら

放送から1週間以内の場合

放送から1週間以内の場合は、下記の動画配信サイトでドラマ「ラストチャンス 再生請負人」6話の見逃し動画を無料で視聴することができます。

ラストチャンス 再生請負人 6話のあらすじ

樫村(仲村トオル)は財務部長・岸野(勝村政信)の計らいで、創業者・結城(池田成志)と対面。結城は自身の株を売り会社を去った後、小さなそば店を営んでいた。樫村は巨額の含み損を出した張本人を前に、憤りを隠せない。そんな樫村に結城は、経営再建に向けたある提案をする。一方、樫村から経営支援を頼まれていた十和子(水野美紀)は、8億円の資金提供と引き換えに経営権が欲しいと主張。だが、山本(大谷亮平)は反発する。

出典:Yahoo!テレビ

ラストチャンス 再生請負人 6話の感想

感想

出だしで、樫村徹夫(仲村トオル)がデリシャスフードの創業者、結城(池田成志)と会って、ずさんな経営について、ものすごくキレていたのが印象的でした。

創業者と言えば絶対的な存在。ペコペコするものだとばかり思っていたので意外でしたが、それほど樫村がデリシャスフードの再建に本気になっているのが伝わってきて頼もしい感じがしました。

しまいには結城の『会社分割の提案』に対して、樫村はついに怒りMAXで帰ってしまう。

ここまで意見がしっかりていると、かえって清々しいものを感じます。

しかし、会社分割の提案は、素人目にもそうするしかないんじゃないか、と思えるいい考え方でした。

一部の社員に会社を任せて借金を押し付けるという方法論なのですが、それが社長の樫村からすれば、自分の責任から逃げたと感じられたのだと思います。

また、クライマックスでは、債権者の龍ヶ崎さんから差し押さえをかけられ、慌てる樫村が見所でした。

債権回収は半年待ってくれる約束だったが、『にいがたや』を海外進出させる計画を知って、不愉快に感じて差し押さえをかけてきたのでした。

すぐに連絡を取って、海外進出は計画段階で確実ではない、と樫村は側近で4億円払う、他の債権者の支払いの取りまとめなどお願いする。

手数料もしっかり払う。

それで何とか、差し押さえを解除してもらえたのでした。

話せばわかってもらえるんだなというのを、間近で見たような生々しさがありました。

笑ってはいけないけれど、樫村の必死が痛快で、また、おかしいものがありました。

最後に銀行に行き、再建について、銀行員から提案をうけるのですが、ここでも樫村はキレていました。

若い銀行の社員が「これは指示という命令です」といったとたん、「命令とはどういう言い草だ、杉山!」ととてつもなくブチ切れていました。

会社のために必死でやって来たのでわかりますが、しかし、銀行の立場もわかるので何とも言えない問題でした。

銀行の立場も考えてあげてほしいなとも思いますが、こうなったらもう最後まで樫村のやりたいようにやって欲しいと思います。

感想

感想

樫村社長は行動力・知力ともにあり素晴らしい人ですね。

第6話でも、デリシャスフードのため従業員のため奮闘する姿には、胸を打たれましたよ。

特に、金貸しの龍ヶ崎に口座の指し押さえを受けて、解除してもらうために、頭を下げ頼み込む姿に涙しました!

こんな汚い人間い頭を下げるなんて、悔しかったでしょうね。

けれど、「会社の、また従業員のためなら何でもする!」という思いが伝わってきました。

100%理想の上司です。

さて、ストーリー的には、もう誰が的で誰が味方かわからない状況になってきました。

特に、十和子フードの女社長・岡田十和子(水野美紀)。

第5話までは善人ポジションでしたが、法外な価格での株式の譲渡を要求するなど「アレ?この人ひょっとして悪人?」と思うシーンが多々ありました。

しかも、株式半数以上の買付って、無茶すぎます。

これだと、顧問ではなく、親会社としてデリシャスフードの経営を支配できます。

本当は、最初からこれが目的だったのか?と疑心を抱くに十分な岡田社長の言動でした。

しかも、バックには「デリシャス・フード」前社長の影もあるようで、怪しさが増すばかり。

更に、デリシャス・フードの現筆頭株主のファンド社長・山本(大谷亮平)は岡田社長に一目ぼれしたようですし…。

この人、結構単細胞だから、どういう行動にでるかわかりませんからね。

本当に自分の株式全部売り渡す可能性もありそうで怖い。

後は、デリシャス・フード前社長の大友(本田博太郎)が最悪。

潔く身をひくならいいものを、勝手に辞任しておきながら、未だに会社にちょっかい出して、あらぬ計略を仕掛けてくる。

自分の利益しか考えておらず汚い大人の代表のような存在だと思います。

正しく老害!

こういう汚い大人の姿には、現実の世界では日大の内田・田中たボクシング山根の姿が被ります。

あとは、元・部下のちとせ菱光銀行の杉山(町田啓太)の手のひらを返したかの対応に腹がたちますね。

だからこそ、樫村社長には頑張って欲しい。

こういう状況を覆し、デリシャス・フードを再建させたら、視聴者としてすごくすっきりします。

汚れたビジネスの世界だからこそ、クリーンな樫村社長が輝いて見えるのですよ!
感想

ラストチャンス 再生請負人 6話のスタッフ

原作:江上剛「ラストチャンス 再生請負人」(講談社文庫)
脚本:前川洋一
監督:本橋圭太
プロデューサー:稲田秀樹
プロデューサー:川村庄子
プロデューサー:松野千鶴子
プロデューサー:木川康利
主題歌:Starting over/村松崇継

ラストチャンス 再生請負人 6話のキャスト

樫村徹夫…仲村トオル
宮内亮…椎名桔平
樫村明子…長谷川京子
岡田十和子…水野美紀
佐伯隆一…和田正人
山本知也…大谷亮平
岸野聡…勝村政信
杉山誠三…町田啓太
渋川栄一郎…石井正則
大友勝次…本田博太郎
占い師…ミッキー・カーチス

ラストチャンス 再生請負人 6話を見逃したら

ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」6話を見逃してしまったらコチラをどうぞ。

music.jp1話につき324円
ビデオマーケット1話につき324円
auビデオパス1話につき324円
U-NEXT1話につき324円
dTV1話につき324円

※ 上記は税込での表記になります。
※ 本ページの情報は2018年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます: